借金返済に困った時はどうすべき

借金の返済に行き詰まる

借金返済で苦しい家計

 

借りたものは返す。それは当たり前のことでお金については言うまでもありません。ですが、どうしても返済が滞ってしまうこともありますよね。

 

そんなときに自宅や勤務先にくる催促の電話や督促状はストレスになるのは想像するまでもありません。頭の中も借金のことばかり考えるようになり、精神的にも追い詰められていきますよね。最悪の場合自殺を考えて、いっそのこと楽になりたいと考えてしまいますよね。

 

ですが、自殺をするのが本当に正しいことなのか考えてみましょう。確かに、家族や親族に迷惑をかけたくないという思いもわかります。死んでしまえば、とりあえず追われて苦しむことはなくなるでしょう。

 

しかし、悲しむ人はいませんか?自殺の場合、あなたの葬儀で悲しむひとのことを想像してみてください。

 

追い詰められたそのときは自分のことしか意識は向かないかもしれませんが死ぬことが正解ではないと思います。生きていれば苦しいこともたくさんあるかもしれませんがいいこともあります。

 

自殺しても保険金が支払われえないこともありますし、自殺の手段によっては様々な請求を遺族がされることがあります。

 

金額の程度にもよりますが努力すれば返せる額ではありませんか?また自己破産の手続きや弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

 

人生を投げ出したくなることもあるでしょうが、借金を返して懸命に生きている人もたくさんいます。

 

1度死ぬ気になったのなら死ぬ気でどうしたらいいのか力になってくれる人や方法を考えることをおすすめします。

借金返済の心構え

こんなはずじゃなかったのに

こんなはずじゃなかった・・・。

はじめはちょっとした出来心で小額だった借金がいつの間にか雪だるま式に増えて多額になってしまうというのをよく聞きます。

 

借金をしてしまった理由は人それぞれだと思います。その中でも共通して言えるのが、真面目な性格の人の方のほうががんばりすぎてしまったり、誰にも相談できず抱え込んでしまいどうにもならなくなって周囲に知られてしまうという展開です。

 

そのときには既に精神的に追い詰められてしまっているというのもありがちですね。借金をしてしまった人は借金を返すためにまた借金をしてしまうという人も少なくありません。それらの人に共通して言えるのは計画性が乏しいことです。

 

借金をするときもちょっとぐらいいいかという気持ちでしてしまい、返済時期になるとまた返せなくなってしまい借金をするという悪循環に陥っています。

 

借金の額が大きくなると金利だけでも結構な額を支払うことになります。小額ずつ払っていくのでは終わりもみえません。1度自分自身の収入と支出を見直し、原因はどこにあるのか、これ以上借金を増やさないためにはどうするべきか考えることをおすすめします。

 

長期的にみれば早く返済した方が支払う額も少なくなります。借金はするときも返すときもきちんとした返済プランを立てることが重要です。

 

複数の消費者金融等から借り入れをしている場合は返済日が複数日あり、分からないなんてこともあると思います。そういったときは1つにまとめるなどしておくとよいでしょう。借金返済については誰も教えてくれません。

 

自分自身で行動をしていかなければ流されてまた借金をしてしまうのできちんと返済する意思を強くもつようにしましょう。

借金返せないのトップページへ戻る借金返せない時の対策はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。

関連ページ

借金返済のシミュレーションをして解決方法を決める
借金を返済していくためには、まず収入と支出を把握し、いくらずつ返済していけるのかをシミュレーションします。この計算を簡単にしてくれるネット上のサービスを利用するのも良いでしょう。
無料相談で借金問題解決のきっかけをつかむ
借金問題で悩んでいる人はいまだに増加中。全国各地で借金問題の無料相談会が行われています。直接足を運びにくい事情のある方にはインターネットやフリーダイヤルによる無料相談も増えました。
借金返済の相談をする相手はだれにすべきか
借金返済について自分でネットで調べるにも限界があります。どうしても困難な法律や貸金業者との交渉をサポートしてくれる専門家に相談するのが賢明です。