借金 返せない

借金を返せない時にどうなる

カードローンで借りたお金やクレジットカード利用分の返済ができない状況になってしまった

 

返済のするお金を借りるために、また別のカードでキャッシング…もう限界

返済はもう無理返せないとため息

これらのことは意外と簡単に起きている事実だということをご存知でしたか?

 

  • 会社をリストラされた。
  • 仕事を辞めなければならない。
  • 会社が倒産してしまった。
  • 給料を大幅にカットされた。
  • 病気で入院してしまった。

 

など理由はいろいろ。

 

まさか自分の身にと思っていたことが起きてお金に困ることになり、今まで自転車操業で借りては返していたカードローンの返済に行き詰まってしまうケースが多いのです。

 

どうしても返済の期日までにはお金を用意することができない。当然、借金を返せない、するとどうなるのでしょうか?
こまかな対応は業者によって違いますが、だいたい次のような事が順番に進んでいきます。

 

  • 支払いを催促する電話が来て入金を迫られる
  •  

  • 督促状が郵送されてくる
  •  

  • 自宅まで取り立てにくる業者も
  •  

  • 返せないままに放置しておくと残債の一括返済の通知がくる
  •  

  • 貸金業者から裁判所へ訴えられる
  •  

  • それでも返済できないと強制執行で給料の差し押さえ

 

返せない状態のまま連絡もせずに無視していると、自宅まで取り立てにくる業者もあり、さらに裁判所から訴状が届いた場合も放置しておくと、あなたの給料、財産が差し押さえられる可能性もあるのです。

 

借金が返せないために陥ってしまう、このような問題を避けるにはどんな具体的対策があるのでしょうか?

借金を返せない、その時には

なんとか返せないものかと悩む人

複数のカードローン、金融機関から借りている多重債務状態の時、それらをひとつにまとめてしまう「おまとめローン」ってどうなのか気になりますよね。

 

しかし、ちょっと待って下さい。
現在、借金が返せない状況になってから時間が経っている場合、もうすでに滞納が始まっているとしたら、おまとめローンの利用はできないでしょう。

 

 

実は2〜3回、返済が遅れることで信用情報機関に事故情報が記録されることが多いのです。
つまりブラックリストに名前が載ってしまうということ。

 

 

おまとめローンは借り入れ件数、総額、あなたの収入など利用できる条件のハードルが高いのです。

 

おまとめローンの貸付条件は厳しく、利用できる状況の人は限られます。

 

まして、すでにブラックの人に貸し付けることはあり得ません。

 

借金が返せないという状況になる前であれば検討してみる価値があると思います。

 

 

すでに「借金を返せない状態になってしまった」「もう借金の返済が滞っている」場合の現実的な問題解決策としてはいくつか考えられます。

 

親から借りて返す

 

可能なら、あなたのご両親に現状を説明して頭を下げ、返済するお金を一時立て替えてもらう形で一括返済する方法があります。
大事なことは今の状況を正直に説明して今回限りとしっかり約束して借りることです。
もうひとつ大事なのは残った借金を一括返済するということ。その場しのぎに1ヶ月分だけ借りるのはダメ。
必ずまた同じ状況になります。
甘いと言われそうな手段ですが頼る人がいるあなたは幸せです。
最速で生活を再建するチャンスを活かすべきです。
もちろん借りたお金は一生懸命なるべく早く返すことです。

稼いで返す

 

本業の収入で足りなければ、アルバイトでも副業でもして足りない分を補うのです。
自力で返すのですから借金の返済方法としてはいちばん正解といえる方法でしょう。
借金を負った理由は様々でしょうが、もしギャンブルなど浪費したのであればこの方法がいいでしょう。
再び借金を抱えるような同じ失敗を繰り返す率が低いからです。
ただサラリーマンとして毎日遅くまで働いている人にとっては、とても困難な方法といえます。
それでもあなたが若くて健康なら頑張れるはず。

債務整理などで解決

 

借金の金額が収入に対してとても大きく返済が長期に渡る場合はこの選択肢があります。
債務整理とは借金を減額したり、棒引きしてもらったりして生活再建をする方法なのです。
考えが甘いと思いがちですが、前向きに考えてください
予期せず大きな借金を背負った時に人生を棒に振らないために法的に守ってくれているということです。
得られるメリットは大きなものですが、そのかわりにそれ相応のデメリットやリスクがありますから、専門家に現状を相談して最適な債務整理の方法を選んでください。

借金を返せない、という人は債務整理で解決するの現実的という方が一番多いのです。
現在はほとんどの法律事務所で無料で相談に乗ってもらえます。借金問題に強い弁護士に相談して、どうしたらいいのかアドバイスをもらうのがいいでしょう。

 

匿名・無料でいちばん手軽にできるメール法律相談はこちらです。↓

 

返済できなくなったら

借金が返せない状態に・・・
この先も状況が良くなるとは思えない

 

また来月も返せないかもしれない
そんな時にまずすべきことがあります

 

このような状態なら、これ以上無理をせず借金を減額して返済することを考えるのがおすすめです。

 

まず法的な手続きを経て、払い過ぎている利息、つまり過払い金を取り戻したり、借金の残りを減額したりして返済額を減らすのが良い手段だと言えます。

 

もし、来月からは収入が急に増えるとか、誰かに返済を助けてもらえるなどの予定があれば話は別です。
しかし、そんなこと無いのが普通ですよね。

 

今月は何とかその場しのぎを続けていても、やがて行き詰まるのは目に見えています。

 

借金返済がすでに滞っている状況をそのまま続けていると、ただ時間だ過ぎていくだけで事態が良くなっていくことはありません。
反対に時間が経つに従って、状況は悪化していく一方となります。

 

返済に応じていないと、ついには一括請求が来るようになります。
もちろん業者は借金を返せないのを承知のうえですが、分割して返す約束を守れないのならどんなことをしても即刻全部返せ、というわけです。

 

非情な宣告ですが、貸している側からすれば当然と言えるのかもしれません。

 

さらに、取り立て、給料差し押さえ、裁判所からの呼び出しなど事態は悪化しても良くなりませんから、こちらが先に手を打つことが必要です。

 

借金地獄に陥った時を思い出して

そのための相談を専門家、つまり借金問題解決のプロである、弁護士、司法書士にすべきなのです。

 

わたしが偉そうに言えることではないのですが、実は、ここに紹介してきたことは全部わたしが経験してきたことなのです。
私が借金地獄にハマってしまうまでのことを紹介すると・・・

わたしが借金まみれになってしまったわけ

私は特に浪費をする生活をしていたわけではないのですが、ネットワークビジネスに手を染めしまいました。

 

私は会社員ですが給料は何年たっても増えず、逆にボーナスをカットされ、なんとか副業で不安な将来に備えようと考えていたのです。

 

そして、その結果的はなんと何社ものカードローン、カードでのキャッシングを重ね、借金に頼るいわゆる多重債務状態での生活を続けてきたのです。

 

ネットワークビジネスとはご存じの方も多いかと思いますが、俗にマルチ商法などと呼ばれかなり怪しい商売の一種。

 

現在まで、類似の方法で商売をしているいくつもの企業は何度も、摘発や裁判やらを重ねてきた問題の多い商売。

 

ですから、あなたの身近な人が近寄ってきてやたら食品や健康、生活の危機感を煽って、見慣れない商品を勧めてきたら要注意です。

 

さらに「一緒に成功しましょう」「夢を実現できますよ」「人のお役に立てる仕事です」と素晴らしいことであるかのように誘ってきたらもう危険信号ですから気をつけてください。

 

 

 

マルチに待ち受ける罠

 

マルチ商法自体は違法ではないものの、一歩間違うと生活や人間関係を破壊しかねない危ない商行為というのが世間一般の認識になっています。

 

いまは「怪しい商売」と書いていますが、始めた当初は新しいとてもメリットの大きなビジネスと感じ、はまっていきました。

 

この仕事、周囲の人を誘って商品の良さをアピールして販売、さらに買ってくれた方が新しいお客さんに商品を紹介し販売したら、紹介者にも自分にもマージンが入るというもの。

 

正確に説明しょうとするともうすこし複雑なのですが、だいたいこんな感じで、商品販売と販売する仲間を増やして行くシステムなのです。

 

ただ、商品は一度自分で購入する形で仕入れなければならないのです。

 

しかし、どんな商売も一緒だと思いますが大きな報酬を得るためには、ある程度の投資が必要になると思っていましたから、大きな疑問も感じずに続けていました。

 

しかし、そうウマく実績が上がっていくわけはありません。どうしても自分で手の回る範囲は限界がやってきますから売上も頭打ちから下降線をたどるようになってきます。

 

 

 

そして多重債務の生活に

 

この商売のシステムは売上の金額に応じて報酬の金額が何段階も上がっていく仕組みになっています。

 

例えば売上金額10万円未満は売上の1割という報酬ですが、売上が10〜20万円になると売上金額の2割が報酬になり、さらに売り上げると相応に報酬もアップする仕組みです。

 

なので毎月の売上締切日が近づくと、ワンランク上の報酬を得るために駆け込みで自分で商品を購入します。

 

もう少しで上のランクに手が届くと、報酬が2倍、3倍になることをわかっていますから。

 

手元にお金がない人はお金を借りてでも商品を購入して、売上を伸ばし、その後報酬で穴埋めすることを考えるというわけです。

 

ここまで書けばどういうことになったのか、もうおわかりですよね。

 

もう少しもう少しの繰り返しで、どんどんカードでの借金は増え続け、気がつけばもう取り返しの付かない金額まで膨れ上がっていたという現実が待っていました。

 

まあ、その前に気付けよ!という話ですが、自分で取り組んでいるときは、もう熱くなってますから状況を冷静に見ることができなくなって夢中というか中毒のような感じですよね。

 

後で頭を冷やして考えると、ギャンブルで見境がつかなくなり、湯水のようにお金をつぎ込んでいるギャンブル依存症の人と通じるものがあるのでしょうね。

 

 

 

ようやく現実に引き戻される

 

同じビジネスに取り組む自分の仲間を集めてグループを作らなければ報酬は効率よく得られないのですが、私が誘って同じ商品販売を始めた友人は早々に見切りをつけて離れて行きました。

 

仲間は思うように増えず、ついにはまた一人ぼっちの状態からはじめなければなりません。

 

やればやるほど借入は増える一方で、得られる報酬は減っていきました。

 

もうこれ以上は続けることが困難になり、ようやくこのビジネスの難しさと問題点を目のあたりにすることになったのです。

 

返済総額に気づき顔面蒼白のわたし

その時点でカードの枚数は、クレジットカード、カードキャッシングなど合計7枚、借入総額は500万円を超えていました・・・。

 

月々の返済額は10万円に近く、本業の給料さえも借金の返済にあてなければならない状況に・・・。

 

我ながらよく借りたものです。そのころは借金が可能な上限額を定めた、総量規制が施行される直前でしたから、定職さえあれば何枚でもカードが作れたのです。

 

 

 

ついに債務整理を決断する

 

そのころ私の本業である会社の業績も危険水域に達していました。ボーナスカットに加え、月々の給料も減らされる事態となり、もう崖っぷちです。

 

本当に悪いことって続くものです。これでは生活費に家賃で精一杯で、借金の返済どころじゃありません。ついに、月々の返済ができなくなっていました。滞納です。

 

あとは最初にご紹介した通り、一連の取り立てが続き裁判所からの呼び出しが届く所まで来ました。

 

こうなるとその時はもう、私の人生も終了のお知らせという感じがしました。

 

「これは、自己破産をするしかないのか・・・」

 

そう思いましたが、どこにどう申し出ればよいのかもわかりません。

 

調べると自己破産も債務整理のひとつということのようですが、テレビCMでも新聞折込でも法律事務所の債務整理の広告って本当に多いですよね。

 

しかし、ほとんど過払い金請求はこちら、みたいな内容ばかりで、自己破産はこちら、って広告はないんですよね。

 

後でお世話になった弁護士さんに聞いたのですが、実際に話を聞いてみると自己破産にすべき状況の方が多いんだそうです。

 

ただ、過払い金請求などで「返済したお金が戻りますよ」という謳い文句のほうが依頼者も相談しやすいらしいんですね。

 

 

 

法律事務所をさがす

 

私が最初に債務整理について相談したのが弁護士さんの名前が何人も並べて書いてある、大きな法律事務所でした。

 

自宅からは1時間以上かかるこの場所で、わたしがなぜ相談しようと思ったかというと、ここのホームページを見て大きく「私たちは弱い者の味方です」と書いてあったから。

 

気持ちがすっかりヘコんでいた自分にとってなんとなく頼りになるような、心強いキャッチフレーズに惹かれたのでした。

 

ところが私と相談してくれたのが不機嫌で神経質そうな弁護士で最初から強い口調で質問攻め。

 

その人の質問に私が的はずれな答えをすると、「そんなことを聞いてるんじゃなくて・・・」とか「・・・これじゃ話にならない」など常に説教のような口調。

 

その日は、これから用意して持参すべきものを聞いて次回の約束をしましたが、後で断りを入れて、もうその事務所へは行きませんでした。

 

ただでさえ、落ち込み自己嫌悪になっていたのが、さらに追い打ちをかけられたように重い足を引きずり帰りました。

 

良い弁護士探しに疲れてため息

後でわかったことなのですが、そこは国や大企業を相手に裁判を起こすような市民運動や特定の政党と関係の深い事務所ということが判明。

 

そういえばニュースや新聞で目にするような事件、運動の支援集会なんてポスターが貼ってありました。

 

「弱い者の味方」とありましたが、私は「弱い者」ではなく、ただの「自堕落で意思薄弱な人間」としか見てくれなかったようです。

 

 

 

債務整理に強い専門家を

 

わかったのは弁護士といえども仕事の範囲はあまりにも多岐にわたっているということですよね。

 

借金問題、離婚訴訟、相続、交通事故から特許をめぐって国をまたいだ企業間の訴訟など、本当に広く、深く、規模も巨大で一人の弁護士、ひとつの事務所でカバーできる範囲って本当に限られているということ。

 

ですから、いま債務整理のCMでよく聞く事務所も、借金問題に特化している専門家と言えるのかも知れません。

 

ですがそんな広告宣伝に出てくる事務所ってやはりかかる費用も高額なところが多いようなのです。

 

なのでわたしが利用したのが、ネットを通じてメールなどで相談できる無料相談。

 

これは、どこに行っていいのかわからない。とりあえず自分がどうするべきかアドバイスが欲しいというひとにこそ使って欲しいサービスです。

 

一番のメリットといえるのが匿名で気軽に利用できるということ。

 

入力するのは、住所は県名飲みを入力、それからわかる範囲で借入先の件数と借金の総額を入力するだけで、担当の弁護士があなたに最適な方法、行動をアドバイスしてくれます。

 

実は私もこのサービスでお世話になった弁護士事務所を見つけることができました。

 

債務整理の経験と実績が豊富な法律事務所であり、何よりも借金問題が専門だから安心して任せられるのがいいのです。

減らして返す、さらに無くなる可能性も

もう自力だけでは借金を返せないと思ったら弁護士、司法書士などに相談して、まずは現状を伝え、最適な問題解決方法を提示してもらうべきです。
もしあなたがいままで長期間にわたって返済を続けてきたのなら、過払い金が発生している可能性もでてきます。

 

過払い金請求そのものは債務整理ではありませんが、多重債務の状況なら債務整理と平行して戻る金額を調査。
あなたがメリットを受けられる額が戻ってくるようであれば、つまり手数料を払っても十分な金額を手にできるのなら貸金業者に請求するものです。

 

つい最近までは、本来は違法となる高額な利息をつけて貸していた消費者金融などが多かったからなのですが、それにしてもつい数年前まではそれに対する罰則もなくまかり通っていたのです。

 

しかし、現在はそうして払い過ぎたものを取り返すことができるようになりました。
ひとつ注意すべきポイントはこちらから請求しない限り戻ってくることはないお金だということです。

 

こちらで計算し、その金額を業者に請求すること、そして先方の業者がそれに応じることでようやく戻ってきます。
業者が素直に応じなければ裁判になるケースも多いのですが、その場合も多くは戻ってきます。

 

さらに借金の残高から利息分をカットしてもらうなど交渉して無理なく返せる金額になるように減額することを目指していきます。
また、過払い金が戻ってくることで借金そのものがなくなってしまうケースもあり得ます。
そのための調査、確認をするにも法律家の助けを借りなければ現実的には無理です。

 

いきなり地元の法律事務所まで出向いて行くのは抵抗があるという方におすすめなのが、無料でできるメール相談。
ここではあなたの借入金額から簡易的なシミュレーションができ、弁護士と無料のメール相談ができます。
24時間いつでも名前を出さずに匿名で利用できるのでぜひおすすめです。

 

匿名・無料でいちばん手軽にできるメール法律相談はこちらです。

 

 

更新履歴